医療法人社団一心会 初富保健病院介護医療院

当院の認知症ケアの考え⽅

当院の認知症入所者さまのケアの基本方針

認知症入所者さまのケアの基本方針

まずは、あるがままの姿を受け止めるところから始まります。 認知症の症状(例:徘徊・見当識障害、収集癖など)を否定することなく受け止めていきます。そして、入所者さまのできる能力を探していきます。
最終的には、認知症の周辺症状が消失して、その方らしく生き生きと笑顔で生活していただけるように援助することです。

著しい行動・心理症状があっても、できるだけ抗精神薬は使用せず、受容的に関わります。
運動療法や作業療法、また、レクリエーションを取り入れています。そして、当院では「アクティビティケア」を提供しています。

チームアプローチの考え方

当院では、入所直後から多職種協働で入所者さまに関わらせていただきます。
看護職介護職のみならず様々な職種の職員が入所者さまと関わりつつ、情報を共有していきます。

チームアプローチの考え方チームアプローチの考え方

ケアプラン立案

すべての職員が情報、
ケア方針を共通認識して
具体的援助を実施する

  1. (1)入院時から、関わりの中で情報収集

  2. (2)アセスメント(課題を明確にする)

  3. (3)ケアプランカンファレンスの開催
    <サービス担当者会議>
    目標設定して具体的援助を検討する

  4. (4)具体的援助の実践

  5. (5)評価

介護医療院とは
Concept

医療法人社団一心会 初富保健病院介護医療院

トップページ
お知らせ一覧
イベント一覧
介護医療院とは
ロイヤル館介護医療院
ある入所者さまの1日
当院の認知症ケアの考え⽅
アクティビティケアについて
リハビリテーション
理学療法
作業療法
言語聴覚・摂食機能療法
音楽療法
入所のご案内
入所について
療養室について
医療福祉相談室について
初富保健病院について
院⻑挨拶
基本理念
概要・沿⾰
フロアマップ・院内施設
交通のご案内
新鎌ケ谷駅⇔初富保健病院 バス時刻表
送迎バス乗り場への順路