医療法人社団一心会 初富保健病院介護医療院

基本理念

病院理念

わたしたちは、
入所者さまの権利を尊重し、
生活の質を
向上するための
医療を提供します。
入所者さま、ご家族、そして
私たち職員が喜びを
ともにできる
医療を目指します。

運営方針

  1. 身体的拘束、薬物による拘束をしません。
  2. すべての入所者さまの離床に努めます。
  3. 入所者さまの特性に応じた適切な医療を行います。
  4. インフォームドコンセントを大切にします。
  5. 療養生活が潤いのあるものとなるよう努めます。

初富保健病院が目指す医療・介護

入所者さま、医師、リハビリ、介護・看護

入所者さま
小さな回復を積み重ね、
希望と潤いのある
療養生活を過ごします。
リハビリ
入所者さまの回復する力の
限界を決めず、小さな回復の
積み重ねを共に喜びます。
医師
リハビリテーションや
高齢医療を専門とする
医師が診察にあたります。
介護・看護
入所者さまの入所生活に
いつも快適さと潤いをもたらす
医療・介護があります。

多職種が連携するチーム医療

初富保健病院では、診療から、看護、介護、リハビリ、事務に至るまで、すべてが1つのチームであると考えます。
どんな場合でも「中心にいるのは入所者さま」です。
このことを病院職員全員が認識し、目標にしながらチーム医療を心がけています。

チーム医療:医局、看護部、リハビリテーション部、診療技術部、事務部チーム医療:医局、看護部、リハビリテーション部、診療技術部、事務部

多職種の連携力

入所者さまが少しでも回復し、できるだけ快適な入院生活を送ることができるようにするために、入所者さま一人ひとりの状態を、常に担当者間で共有することが非常に重要だと考えます。

入所者さまとともに

3か月ごとに病棟スタッフを交えて治療方針を見直し、入所者さまに最適なリハビリプログラムをご提案します。
入所者さまとともに、"小さな回復"を積み重ねていくことが私たちの喜びです。

成長のために

日々進化する医療や介護技術。看護師や介護士にとっても新しい情報や技術を知ることはとても重要なことです。
研修などを通じて私たち自身が成長することは、入所者さまの役に立つためにも必要であると考えます。

初富保健病院について
About us

医療法人社団一心会 初富保健病院介護医療院

トップページ
お知らせ一覧
イベント一覧
介護医療院とは
ロイヤル館介護医療院
ある入所者さまの1日
当院の認知症ケアの考え⽅
アクティビティケアについて
リハビリテーション
理学療法
作業療法
言語聴覚・摂食機能療法
音楽療法
入所のご案内
入所について
療養室について
医療福祉相談室について
初富保健病院について
院⻑挨拶
基本理念
概要・沿⾰
フロアマップ・院内施設
交通のご案内
新鎌ケ谷駅⇔初富保健病院 バス時刻表
送迎バス乗り場への順路